2015年09月26日

お別れ続き

私がブリーダーを始めたのは25歳のとき。
親猫をはじめ、最初の頃に生まれた子猫たちも
すでに高齢となっているため
年々訃報も増えています。



そして「またHoneyMoonさんの子猫が飼いたい」
10年以上も経っている今でもそう言ってもらえ、
うちから送り出した子達が
大切に可愛がってもらえていたんだな〜との
悲しみの中に嬉しさも感じています。



うちの血統を残せるのはギズモだけ
そのギズモも6歳。
なかなか決断ができないまま・・・
どうしようかな。






★・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★'.・*.・:☆'.・*.・:★




8月1日に実家のニャンコ(友寿)と
ベタ(ブラックバッカラ)が虹の橋を渡りました。



どちらも天寿を全う。




これで2003年組はナッタだけ・・・・
見た目ヨボヨボですが、この夏も
ナッタが1番元気でした。
みんなの分も長生きしてね!






そして先日、妹が飼っていた
にゃんこ(あん)が虹の橋を渡りました。
我が家で最初に生まれたスコティッシュなので
17歳。
あまりにもブサイクで
女の子なのに兄弟の中で1番大きく
「売れ残りになるかも・・・」と妹に話していたら
妹が「飼う!」と連れて行ったのでした(苦笑)

我が家では「でっかいちゃん」と呼ばれてました。



母のブログにも載ってます
※あんとレオン、お父さんは同じです




1149784_835048948_202large.jpg
左上の顔が隠れてるのが「あん」
兄弟の子達もこの1〜2年で何匹か
訃報が届きました。





みんなお疲れ様。そして「ありがとう」
また上でHoneyMoonファミリーで
のんびり楽しんでね。





HoneyMoonの子猫たちの
オーナーの皆様、
最後まで大切に可愛がってくださり
感謝しております。
ありがとうございましたm(_ _)m
ニックネーム ナッタん at 13:40| おともだち | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする